JUNISOL'S DIARY

JUNISOL'S DIARY

スピリチュアルサロン JUNISOLの公式ブログ。バシャールコミュニケーター、ミディアムシップマスターとして活動するYOSHIKOがスピリチュアルについてや日々のことを綴っています。ホームページ http://www.junisol.com

父に護ってもらった話

一昨日、自宅で食事をしていた時に、

母の座っていた席の斜め後ろに天板(オーブンで焼くための)が数枚重ねてあって、

何かの拍子にガラガラと音を立てて崩れてきてしまいました。



突然のことで、私はとっさに「危ない!」って声を出すしかできなくて、

危うく母の後頭部に天板が直撃しそうだったのですが…そのうちの1枚だけなぜか横にスライド。

その後、横に飾っていた写真立てに直撃し、吹っ飛んだ写真立てが他の天板を弾いて軌道修正したんです。



天板はガラガラと床に崩れたけれども、飛んでいった写真立てのおかげで母は無傷。

その写真立てには、5年前に亡くなった父の写真がおさめられていました。

私は手も足も出ずに呆然と、一部始終をスローモーションでみていたけれど、

父が守ってくれたんだと、亡くなった父の魂が伝わってきて嬉しくなりました。



父は母の右側にいるよって、ミディアムの方に伝えてもらったことがあって。

(私がみるときも、男性の魂は右側にいることが多いです)

やっぱり、今回も写真立ては母の右後ろに飾ってあったので、納得した瞬間でした。



目に見えない存在は、大いなる宇宙であったり、高次元の存在、私たちを守護してくれる存在と色々な場合がありますが、

分かりやすいようにサインで繋がりを示してくれることもあるし、ふとした瞬間にじんわり心に伝わってくることも。

私たちはそういった存在達に見守られていて、その存在を感じられたり、繋がり続けているということがわかると安心します。

今回は実際に護ってもらって、こんな経験は初めてでした。



今日も読んでくださってありがとうございました。

YOSHIKO



****************

◆各種セッションのご案内◆

ミディアムシップこちら
バシャールセッションこちら
カードリーディングこちら

****************


JUNISOL 〜生まれたての頃のような、本来のあなたらしさをひきだします〜


f:id:junisol:20171009200107j:plain:w200


YOSHIKO
ミディアムシップマスター&バシャールコミュニケーター

HP : http://www.junisol.com

Mail : yoshiko☆junisol.com ※☆⇨@に変えてお送りください